廃棄物処理

当社の取り扱っている廃棄物の種類です。
事業者様の分別によりリサイクル化の効率が向上いたします。

一般廃棄物

事業系一般廃棄物-事業者が排出する産業廃棄物以外の廃棄物。 特別管理一般廃棄物-家電製品に含まれるポリ塩化ビフェニル(PCB) や感染性一般廃棄物 家庭系一般廃棄物-家庭から排出される廃棄物。 法律上は、「一般廃棄物」と「特別管理一般廃棄物」のみである。「事業系一般廃棄物」という言葉は、便宜上よく使われるが、法律に定義された言葉ではなく、処理方法や規制などに関しての法律上の取り扱いは家庭ゴミと何ら変わらない。ただし東京23区などの一部の市町村では、地方自治体の条例で「事業系一般廃棄物」を定義し、独自のマニフェスト制度を設けたり、リサイクルに関する報告を義務付けたりするなど、家庭ゴミとは分けて特別の取り扱いをしていることもある。

産業廃棄物

産業廃棄物(さんぎょうはいきぶつ)とは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第4項で、次に掲げる廃棄物をいう。 「産廃」(さんぱい)と略される。

(1)事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物
(2)輸入された廃棄物(船舶及び航空機の航行に伴い生ずる廃棄物(政令で定めるものに限る。廃棄物処理法第15条の4の3第1項において「航行廃棄物」という。)並びに本邦に入国する者が携帯する廃棄物(政令で定めるものに限る。同項において「携帯廃棄物」という。)を除く。) をいう。産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性など人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものを特別管理産業廃棄物という。

家庭等から排出される一般のごみ(一般廃棄物)は市町村に処理責任があるのに対し、産業廃棄物は排出事業者に処理責任(下記参照)がある。法的に取り扱いが異なるため、廃棄にあたっては、市町村等の一般廃棄物用の処理施設での処理・処分することはできない。産業廃棄物を処理・処分できる許可を受けた産業廃棄物処理事業者へ処理・処分委託することとなっている。

医療廃棄物

医療行為に関係して排出される廃棄物(ゴミ)このことを指す。廃棄物処理法上の区分では「感染性廃棄物」と言い、「特別管理廃棄物」に区分される。 感染症の汚染源となる可能性があるため、適切に処分する必要がある。 また感染症患者の療養の際に出る生活廃棄物(在宅中の各種廃棄物)の中にも、病原体によって汚染されている物が含まれるため、これらも医療廃棄物として適切に処分される事が望ましい。

製品名

会社概要

当社の詳しいご紹介、代表のご挨拶。

製品名

業務内容

取り扱っている廃棄物の種類です。

製品名

環境方針

環境マネジメントシステムを継続的に改善しています。

製品名

車両・施設紹介

当社の所有車両をご紹介します。

製品名

お問い合わせ

お問い合わせ、工場見学の方はこちら。

許可証一覧 その他情報のPDF
株式会社 まごころ清掃社

平日受付:8:00〜17:00
土祝受付:8:00〜12:00
休業日:日曜
〒193-0824 東京都八王子市長房町126番地の2
TEL:042-659-6511 FAX:042-659-6555
本社受付:9時~18時 休業日:日
お問い合わせフォーム

↑ PAGE TOP